242X E-Series

ウェイキ制御機能をさらに向上したトーイングモデルのフラッグシップ、242X E-Series。
2基のジェットノズルを内側に傾けることでウェイキ性能を向上させたサーフポワント機構を採用。3箇所に配置された、ウォーターバラスト(約600kg)とのマッチングによりボーダーの好みに応じた最適なウェイキを提供します。また、Connext®(コネクスト)により、ディスプレイ(12インチ)上でのスピードコントロールも可能。さらにスムーズかつ容易なシフト&スロットル操作を実現したDBW(Drive By Wire)機構により、1本のシフトレバーで2基のエンジンを同時にコントロールできます。